ヒプノセラピー(催眠療法)とは

1958年より米国や英国の医師会・心理学会にも有効的な治療法として正式に承認され医療の現場でも活用されており、その効果が認められている心理療法です。

ヒプノセラピーとは催眠状態(意識的な頭の部分と無意識な心の間にあるクリティカルファクターという膜をはずし一体化させた状態)によって心とカラダをリラックスさせ潜在意識という心の奥深い部分に触れる事によって自分の本当の想いに気付く事が出来たり閉じ込めてきたものを解放させていく事によって本来の自分を取り戻す事ができるものです。

セラピストはクライアントの中で起こっている事に寄り添い誘導のお手伝いをさせていただきます。
ご自身がみて体感するこのセラピーだからこそ気付きの大きさを感じて頂けると思います。

催眠状態とはどんな状態なのでしょう?

催眠状態と聞くとテレビやネット等で観る【催眠ショー】のイメージから
とても特殊な状態になると捉えている方が多いと思いますが催眠療法での催眠は本人の意思に関係なくコントロールされるようなものではありません。

絶対にかかりたくないという強い意識のブロックがない限り催眠には誰でもかかります。ただ深さや感受性により個人差が出ます。人は日常の中で1日に何度も浅い催眠状態と同じ状態に入っているんです(自分の好きな事をしていてあっという間に時間が経っていたり車の運転など)

セラピーではセラピストの誘導により、より深い催眠に入ってセッションを行っていくのですが、その際も意識は、はっきりありますし自分自身をコントロール出来ますから言いたくない事を言わされる…そんな魔法みたいな状態にはなりません。セラピストはあなたの中で起こっている事に寄り添って進めて参ります。

それでも初めての場合は緊張や不安もあると思います。まずはカウンセリングの中で催眠により深く入るコツをお伝えし練習をしてから始めていきますので安心して体験なさって下さい。

前世療法

この魂が体験した別の肉体での記憶に触れる

前世はあるのか…それは科学的には証明できないのでわかりませんが、ないという事も証明できていません。

前世療法とはなぜか気になる場所や人、事柄があったり理由なくふと辿り着く
場面や何度となく甦るような感情、それから自分はなんの為に生まれてきたのかという想いが芽生えた時…魂は何度も肉体をかえて生まれ変わっていく、この事を受け入れてるとすると前世療法は、その時の人生の記憶イメージにアクセスしていくのですが、それについて真実かどうかを追求するのが重要ではなくセラピー中に蘇る感情やカラダにもどる感覚を味わい気づきやメッセージを受け取る事ができます。

それから現在、親しい関係にある人たちが前世においても関わりがあった≪ソウルメイト≫である事が多く魂のつながりを感じる事ができます。前世体験は現代を生きる自分を励ましこれから進んでいく為のヒントや道標になる感情が芽生えていくかもしれませんね。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

インナーチャイルドセラピー(年齢退行療法)

心の奥にしまってしまった幼いあの日の記憶と心に触れる

誰もが心の中に内なる子供「インナーチャイルド」の部分を持っていて今の
あなた自身に大きく影響を与えています。

過去の様々な体験によって傷ついたインナーチャイルドが居たならば原因となるシーンへと迎えに行き、その時できなかった事チャイルドがしたかった事を
追体験し癒やし受け入れてあげる事で感情と感覚を書き換え新しい感覚を受け取っていく事によって、その抱きしめられたインナーチャイルドは愛に包まれ本来の力を取り戻していきます。

他に小さい頃の出来事だけではなく学生の頃の友人との関わり職場での人間関係など。。。
今の自分の中で問題に感じる悩みについて影響を与えている過去の出来事を見つけていきセラピーを通して不要になった『感情』と『感覚』を手放していくことで気付きや癒やしが起こり症状が改善・緩和していくセラピーです。

そしてインナーチャイルド療法では何よりもご自分を愛せるようになり、もう1人のご自分の存在に気付いて認めてあげる事で自分自身を大切に想う気持ちが芽生えてくる事でしょう。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

未来世療法

やがて訪れる輝かしい未来に触れる

未来に触れ感じとっていく事で、これから先の人生を前向きに進んでいくためのセラピーです。

未来は既に決まっていて変えられないものではなく、ご自身が進んでいく中の
ひとつひとつの選択から輝く未来をつかみとっていく可能性を秘めているもの
です。

セッションを通じて【気付き】や【芽生えるもの】を感じとっていただきます。
希望の未来をイメージし深層心理にあるものをビジョン化していく事によって、これからのご自分の未来に光輝く道しるべを感じていただける事でしょう。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

ビジョンアップセラピー(暗示療法・イメージ療法)

自分の中に眠る無限の可能性に触れる

よくオリンピック選手がメダルを獲得した際に日常から自己暗示やイメージ
トレーニングを繰り返し行っていくことによって現実になったエピソードを
話していますよね。

私たちが生きていく上で『イメージ』は、とても重要な役割を果たしているものなんです。

近年では多くの人が夢の実現や自己意識を高める為にプラスのイメージを心がけ自分自身に語りかけていると
思いますが催眠状態で行う事で潜在意識下に、しっかり浸透させる事でより大きな効果が期待出来るものです。

<良いイメージを持ち続ける>事が出来るかが、これからの人生を進まれていく上でご自身が求める本来の自分へと導かれる1つのツールとして感じて頂けるセラピーです。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

暗示療法(行動修正イメージ療法)

自分の中に眠る無限の可能性に触れる

これまでのご自身の中にあったネガティブな繰り返ししてしまう行動やイメージ(人前で発表するとあがってしまう、自信がない等)から、なりたい理想の自分を
繰り返し顕在意識と潜在意識に暗示する事で行動修正し変容させていくものです。

例えば大勢の前で堂々と話す自分をイメージの中で繰り返し行っていき
できた自分を味わう事で潜在意識は、その感情と感覚を受け取り実際の行動にもポジティブな影響が出てきます。。
私たちの脳は実際に起きた事とイメージの中で体験する事の区別がつきません。
イメージの中で達成・成功体験を繰り返していくことで潜在意識はそのイメージ通りの自分を受け取り心身反応をつくり出します。
なりたい自分をイメージできれば、そのイメージを潜在意識に繰り返し届けていくことで形になっていく事をセラピーを通じて体験して頂けたらと思います。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

イメージ療法(悲嘆療法グリーフセラピー)

悲しみから止まった時間を進めていく為に

誰にでも平等にあるのが生と死。
生きていく中で殆どの方が愛する人(家族、恋人、友人、ペット)との死を体験されていると思います。
その愛する人や親しい方を失った体験を悲嘆(グリーフ)といい、その後残された者の悲しみは深く複雑で非常に辛い苦しみを感じていると思います。

悲嘆療法は頭(顕在意識)では対処しきれない感情と潜在意識下で繋がりイメージを活用しながら癒していくものです。
イメージを通して再会を果たし伝えたかったこと、して欲しかったこと等対話をしながら再びコミュニケーションをする事でフリーズした感情を癒やし止まってしまった時間(記憶)を進めていくことで、また新たな感覚を感じていただける事でしょう。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>

イメージ療法(副人格療法)

これまで気づけずにいた自分と向き合う

私たちは自分の中に、あらゆる面の人格を持っています。
メインとなる人格(主人格)に対して副人格は様々な性格を持っていて時としてネガティブな働きをする事もあり自分では意識していないにも関わらず本人の感情や行動をコントロールして悩ましい状況を生み出すことがあります。

怒りに満ちた乱暴な自分、批判的な自分、自己否定をする自分などそれらは真のアイデンティティ(それを取ったら自分ではなくなってしまう様なもの)ではありませんがご自身の一部でもあります。
その副人格とイメージを活用して対話していく事で、その要素を理解し受け入れ癒していく事で感情と感覚が開放され自己理解が深まっていきます。

セラピーのコースについてはこちらをクリック>>